チェスから距離を置いたグランドマスター GM Parimarjan Negiの場合

  チェスのグランドマスターは世界に1000人以上います。その中には、プロのチェスプレーヤーとして、チェスで生計を立てることを選ばなかったGMも少なくありません。

  かつての神童、Parimarjan Negiもその1人です。

www.youtube.com

 

1.史上二番目の年少GM

  Parimarjan Negiは間違いなく将来を嘱望される神童でした。Negiは2006年、13歳4ヶ月と22日でグランドマスター称号の取得条件を満たします。これは当時歴代2番目の年少記録で、現在の世界王者Magnus Carlsenよりも早い記録でした。

  Negiは「プラス2」と呼ばれるインドの中等教育修了試験を終えると、本格的にプロチェス選手としてのキャリアをスタートさせます。世界ランクでもトップ100に入り、世界的な一流GMと呼べるレベルに到達しました。

 

2.壁にぶつかる

  しかし、ここからNegiの上昇は停滞します。Negiはトップ50に到達できませんでした。Negiはプロチェス選手の生活に疲弊し、チェスに対する熱意を失っていきます。

  Negiは後のインタビューでこう語っています。

Something can be a hobby, but once you’re doing it professional, often you lose that kind of excitement about chess.*1

 同じインタビューでは、「チェスをすること」について、こう語ります。

Playing chess felt a little bit disconnected from reality. There’s a completely different world out there than those squares. You get too absorbed, and you forget there’s an real world with real things going on.

チェスにのめり込みすぎると「ほんとうのこと」が起こっている「ほんものの世界」があることを忘れてしまう、という言葉は強烈です。

 

  また、Negiは「職業としてのチェスのトーナメント・プロ」についても考えます。Negiはプロのチェス選手として「良い暮らし」をするには世界トップ10に入る必要があると考えていました。Negiにとってもトップ10に入るのは容易いことではありません。

  そして、年を取ってから競技チェスでトップレベルの競技力を維持するのは困難であることも、Negiに決断を促しました。

  Times of Indiaの取材に対して、Negiはこう語っています。

I still want to be in top 50 but also needed a serious back up career option.*2

  Negiはチェス選手としてのキャリアの不確かさを考慮し、「バックアップ」を求めたのです。

 

3.進学

  Negiにはテキサス工科大ダラス校に通う友人がいました。友人から話を聞いたNegiは学問の世界に興味を持ち、アメリカの大学へ留学することを考えます。*3Negiが目指したのはスタンフォード大学でした。

  Negiは大学進学適性試験(SAT)で2400点中2100点以上を取り、小論文試験を通過するなどして、スタンフォード大学への進学を決めました。*4

   コンピュータ・サイエンス専攻の学生として学生生活を開始したNegiでしたが、アメリカの名門大学のレベルについていくのは大変だったらしく、最初のうちは「クラスで最下位だった」そうです。*5

学生新聞のインタビューでは、大学に入るまで学校の宿題というものをしたことがなかった、というエピソードも披露しています。

*6

NegiはChess Life誌の取材に対し、冗談めかした表現で新入生の頃を振り返ります。

“When I set foot on campus freshman year, someone told me that you can only choose two out of three things: a) academics, b) socializing, or c) sleep. I chose academics and sleep.”

*7

「社交」を捨てて 「学問」と「睡眠」を選んだと語るNegi。苦労しながらもよく学んだのでしょうね。

 

4.その後

  Negiは無事スタンフォード大学を卒業、マサチューセッツ工科大学の博士課程に進みました。1年以上FIDE公式戦への参加はなく、activeプレーヤーとして世界ランクに名前が載ることもなくなりました。*8

  競技チェスの世界を離れたNegiに対して、Chessbase Indiaはこんなツイートをしています。

   GM Parimarjan Negiの未来が、輝かしいものであることを祈りましょう!