Chess.com Isle of Man International開催

  23日から、英国のマン島にてチェスの国際大会が開始されています。

 

1.Chess.com Isle of Man Internationalとは

  イギリスのマン島で毎年開催されている国際大会です。昨年から大手のチェス対戦サイト、Chess.comがメインスポンサーになり、待遇の良さから多くの強豪GMが参加しています。

  大会はチェスの競技会としては最もポピュラーなスイス式*1のオープン・トーナメントとして行われます。

  オープン・トーナメントなので、主催者が設定した下限のレーティング*2をクリアしていれば誰でも最上位のMasterクラスにエントリーできます!クラブ・プレーヤーにもスター選手と同じ舞台で競い合うチャンスが与えられるのです。

 

2.初戦はランダム・ペアリング

  スイス式のチェス大会ではレーティングによって決められるスタート時の順位に基づいて初戦のカードを決めるのが一般的です。基本的にはリスト下位の弱いプレーヤーとリスト上位の強豪プレーヤーを対戦させます。

  しかし、今回の大会はくじ引きでランダムに組み合わせが決定されます!

  このくじ引き方式により、初戦でFabiano Caruana対Vladmir Kramnikという大物対決が実現し、チェスファンを大いに沸かせました。*3

 

3.注目選手

  主催者による参加者リストはこちら

  独断と偏見で何人かピックアップしてみました。数字はスタートリストの順位。

 

1.Magnus Carlsen

現役世界チャンピオン。直前のWorld Cupではまさかの3回戦敗退。

 

8.Pavel Eljanov

ウクライナGM。昨年の優勝者。EljanovもWorld Cupでは初戦敗退と残念な結果に終わった。

 

21.Hou Yifan

中国のGM。現代チェス界最強の女性プレーヤー。

 

44.Jan Timman

オランダのベテランGM。御年65歳。元世界ランク2位。

 

62.Rameshbabu Praggnanandhaa

インドのIM。チェス史上最年少IM記録保持者。12歳にしてレーティングは2500に到達。史上最年少GMの記録更新を狙う。

 

64.Nihal Sarin

インドのIM。13歳。Praggnanandhaaと共にインド期待の若手。

 

91.James E Tarjan

アメリカのGM。70年代から80年代前半にかけて活躍した。84年に引退して司書になったが、2014年30年ぶりに公式戦へ復帰。今年65歳。

 

95.小島慎也

日本のIM。Mastersクラスで唯一の日本籍プレーヤー。

 

128.Christopher Woojin Yoo

アメリカのFM。11歳。

 

4.生中継で楽しもう!

  Mastersクラスでは約80のボードで同時にゲームが行われますが、上位の30ボードは電子チェスボードを使った棋譜中継の対象になります。ChessbombやChess24、Follow Chessなど、各種の棋譜中継サイト・中継アプリでは無料の棋譜中継が楽しめます。

 

  また、TwitchではChess.comによる会場映像の配信及び解説が見られます。英国のベテランGM、Simon Williamsの軽快なトークも見どころです。

*1:今大会も含め、FIDE公式戦ではスイス式の中でもオランダ方式と呼ばれるやり方が採用されることが多い

*2:今大会はFIDEのスタンダードで1900

*3:なお、結果はCaruanaの勝利