Match of Millennialsについて

  7月26日から27日にかけて、Match of Millennialsと銘打ち2000年代生まれの若手上位プレーヤーを招待したイベントが開かれます。

1.概要

イベント名 Match of the Millennials – USA vs. The World
開催地 アメリカ・ミズーリ州セントルイス
形式 アメリカ選抜チームと世界選抜チームに分かれて行う団体戦
持ち時間 90分+1手30秒加算
公式サイト Match of the Millennials | www.uschesschamps.com

公式サイトでの棋譜中継
Watch Live! | www.uschesschamps.com

2.参加選手

U17アメリカ選抜

1.Jeffery Xiong

生年 2000
所属連盟 アメリカ
タイトル GM
FIDEレート(世界ランク) 2642(125位)

・2016年全米ジュニア選手権優勝
・2016年世界ジュニア選手権優勝
・U18世界ランク2位

2.Samuel Sevian

生年 2000
所属連盟 アメリカ
タイトル GM
FIDEレート(世界ランク) 2633(145位)

・アメリカ史上最年少でGMタイトル獲得
・2017年アメリカ大陸選手権優勝
・U18世界ランク3位

3.Ruifeng Li

生年 2001
所属連盟 アメリカ
タイトル GM
FIDEレート(世界ランク) 2568(361位)

・2011年世界ユースU10準優勝
・U16世界ランク2位

4.John Burke

生年 2001
所属連盟 アメリカ
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2479(977位)

・2015年に史上最年少のFIDEレーティング2600到達者となった*1

5.Nicolas Checa

生年 2001
所属連盟 アメリカ
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2415(1889位)

・2015年世界ユースU14第5位

U17世界選抜

1.Alexey Sarana

生年 2000
所属連盟 ロシア
タイトル GM
FIDEレート(世界ランク) 2510(696位)

・U18世界ランク17位
・2017年、ロシア上級リーグに出場し5.5/9、TPR2632*2を記録

2.Haik Martirosyan

生年 2000
所属連盟 アルメニア
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2544(462位)

・U18世界ランク12位
・2016年世界ユースU16優勝

3.Anton Smirnov

生年 2001
所属連盟 オーストラリア
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2495(834位)

・U16世界ランク2位
・チェス・オリンピアードの2014年トロムソ大会、2016年バクー大会にてオーストラリア代表

4.Aryan Chopra

生年 2001
所属連盟 インド
タイトル GM
FIDEレート(世界ランク) 2491(874位)

・U16世界ランク7位
・インド史上2番目の若さでGMタイトルを取得した

5.Andrey Esipenko

生年 2002
所属連盟 ロシア
タイトル FM
FIDEレート(世界ランク) 2523(874位)

・U16世界ランク3位
・2017年、ロシア上級リーグに出場し出場者中最年少ながら5.0/9、TPR2598を記録

U14アメリカ選抜

1.Awonder Liang

生年 2003
所属連盟 アメリカ
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2536(513位)

・U14世界ランク1位
・9歳の時、公式戦でGM勝利
・既にGM取得要件を満たしており、FIDE総会での承認待ち。
・2017年全米ジュニア選手権優勝

2.Andrew Hong

生年 2004
所属連盟 アメリカ
タイトル CM
FIDEレート(世界ランク) 2334(3861位)

・U14世界ランク20位

3.Carissa Yip

生年 2003
所属連盟 アメリカ
タイトル WFM
FIDEレート(世界ランク) 2261(6728位)

・U14女子世界ランク3位
・2015年、女子選手として最年少でUSCFのNMタイトルを獲得
・2016年、2017年全米女子選手権出場

4.Martha Samadashvili

生年 2004
所属連盟 アメリカ
タイトル WFM
FIDEレート(世界ランク) 2018(28695位)

・U14女子世界ランク25位

U14世界選抜

1.Nodirbek Abdusattorov

生年 2004
所属連盟 ウズベキタン
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2467(1103位)

・U14世界ランク4位
・2012年世界ユースU8優勝
・9歳の時、ある大会でGM2人に勝利

2.Rameshbabu Praggnanandhaa

生年 2005
所属連盟 インド
タイトル IM
FIDEレート(世界ランク) 2479(976位)

・史上最年少でIMタイトルを獲得。
・Ramco社の支援を受け、世界各地の大会を転戦
・2013年世界ユースU8優勝、2015年世界ユースU10優勝

3.Bibisara Assaubayeva

生年 2004
所属連盟 ロシア
タイトル WFM
FIDEレート(世界ランク) 2386(2558位)

・U14世界ランク7位、U14女子世界ランク1位

4.Nurgyul Salimova

生年 2003
所属連盟 ブルガリア
タイトル FM
FIDEレート(世界ランク) 2332(3930位)

・U14世界ランク23位、U14女子世界ランク2位


開会式の様子(22分30秒ごろから選手紹介)

*1:ただし、この記録はFIDEがレーティングの計算方法を改訂し、若手プレーヤーのレーティングを変動しやすくしたことによって達成されたという指摘もある。この改訂によって、1900台から3ヶ月で2500を突破するような極端なレーティング上昇も発生し、議論を呼んでいる。

*2:TPR=Tournament Performance Rating。特定の大会での成績がどの程度のレーティングに相当するかを示す。