読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人チェス・プレーヤーにとってのチェスAI/ソフト/コンピューター

  近年、将棋や囲碁などゲームをプレーする人工知能が大きな進歩を見せ、大きな注目を集めています。様々な完全情報ゲームにおいて、人工知能は人間のトッププレーヤーを上回る能力を示すようになりました。

  チェスにおいては1997年にIBM社の制作した「ディープ・ブルー」が当時世界最強のチェス・プレーヤーであったガルリ・カスパロフと6番勝負を戦い、2勝1敗3分で勝利しています。この1997年の6番勝負は一般的に「チェス競技で機械が人間を超えた瞬間」とされており、今年でその時から20年を迎えます。

  ある意味において、現代のチェスは「技術的特異点通過から20年後の世界」にいます。そこが一介のカジュアル・プレーヤーであり、ファンである自分にとってどんな場所なのか、書いていこうと思います。

 

1.現代のチェス・ソフトの強さ

  現代のチェス・ソフトは非常に強力です。現在、世界トップの座を争っているソフトの「ストックフィッシュ」と「コモド」は人間のグランドマスターとの間でハンデキャップをつけた番勝負を実施しています。チェス・ドットコムではハンデキャップマッチの戦績がまとめられています。fポーン落ちや持ち時間の制限、数手指した状態からの開始などハンデがありながら人間のプレーヤーに負けたのは1ゲームだけ、番勝負でも引き分けが二度あるだけです。

 

  また、ソフトの強さを計測して公開しているレーティング・リスト*1において、現代最強のソフトたちは過去のソフトを遥かに上回る数値を叩き出しています。世界トップクラスのグランドマスターたちが戦ってなんとか勝負になっていた2000年代中盤の主流ソフト*2レーティング・リストどの程度の位置にいるのか見れば現代のソフトがその当時から長足の進歩を遂げていることは明らかです。

  おそらく、最強の無料ソフトであるストックフィッシュの最新版であれば、私の使っている大してスペックの高くないデスクトップPC*3で動かしても人間界最強のプレーヤーたちと互角以上に戦えるはずです。

 

2.ネット対局の世界

  私が主にインターネットサイトを通じて対戦サイト上でチェスをしており、OTB*4 にはたまに参加する程度です。正式なレーティングを持つトーナメント・プレーヤーではありません。趣味として楽しくチェスができればそれで十分、というスタンスです。

  あるゲームで人工知能が人間のトップを上回ると、そのゲームへの関心が減少し、プレーヤーが減るとの観測もありますが、オンラインのチェスではどうでしょうか。

 

2-1.プレーヤーは山ほどいる

  私のレベル*5ならばウェブ上でチェスの対戦相手を見つけることには不自由しません。私が主に使っている対戦サイト、チェス・ドットコムでは対戦場に常時1万人以上がログインしており、人気のある持ち時間であれば自動マッチングで対戦が組まれるまで1分もかかりません。

  レーティングが上がってくると少しずつ実力に見合った対戦相手を見つけづらくなるという話も聞きますが、FIDE*6やUSCF*7の公式タイトル保有者で公式レーティング2000を上回るプレーヤーも日常的にインターネットの対戦サイトを利用しているので、2000未満のプレーヤーが対戦相手に困ることはまずないと思います。

 

2-2.ソフト指し

  何せ、ほぼ全ての人間をなぎ倒すソフトが無料で手に入る時代です。ソフトのいう通りに指せば、あらゆる人間に勝てます。ソフト指しは大きな問題とされており、各対戦サイトはそれぞれソフト指し対策を行っていますが、全地球からアクセスするプレーヤーの行動すべてを監視できない以上、完全にソフト指しを排除できているのかどうか、確認することはできません。

  かといって、ソフトを使わない人間同士の対局は成立しなくなる、ソフト指しへの疑念からネット対局場が過疎化する、ということもありません。先述したようにウェブ上でチェスの対戦相手を見つけるのは容易いですし、ソフト指しをしない私がごく普通に勝たせてもらえます。

  画面の向こうにいる人間が全くソフト指しをしていないのかを自分で把握することはできません。しかし、少なくともソフト指しをしていない私と同レベルの指し手しか返してこない相手が多数いることは間違いないのです。趣味としてチェスを楽しむ分には問題はなく、私個人として現状に不満はありません。

 

3.ソフト先生

  私は強すぎるソフトたちを専ら解析ツールとして利用します。「ストックフィッシュ先生」や「コモド先生」が私の師匠です。

  棋譜を解析にかければ、ソフト先生は評価値を使って数字で私のミスを指摘します。「この手は成立しないのか?」と盤面を動かせば、最善の応手で成立しないことを示してくれます。24時間365日、こちらの都合に合わせて呼び出しに応じてくれます。どんなくだらないことも躊躇いなく聞けます。ありがたい個人教師です。

 

  ただし、ソフト先生にも弱点があります。ソフト先生は言葉があまり達者ではありません。ソフト先生こんな言葉しか使えません。

1.11    25. Be3 f6 26. Rad1 Qc4 27. Qxc4+ Bxc4 28. Nf5 Nxf5
1.04    25. Qf3
0.85    25. f3 Bd7 26. Be3 Nb5 27. Qd2 Nd4 28. Qf2 Qg6
0.64    25. f4 f6 26. fxe5 fxe5 27. Be3 Be8 28. Re2 Kh7

評価値の数字と、具体的なバリエーションですね。ソフト先生の言葉を解釈する作業は自分自身で行うしかありません。

  ソフト先生は減点法で指し手のミスの指摘はしっかりやってくれますが、手が広い局面でのプランの立て方や人間の脳の力で正しい手を見つける方法をアドバイスしてくれることはありません。評価値がポーン100分の1個分しか違わないバリエーションを複数並べられたり、「そんなもん、(自力で)読めるか!」という(私の目から見れば)非常に複雑なバリエーションを最善として示されたりすることはよくあります。

  この弱点こそ、今もなお人間の書いた棋書や人間のチェス指導者が必要とされる理由の一つなのでしょうね。

 

4.絶対にソフト勝てないのに、チェスをする理由

  ソフトの話をする前に、人間の話をしたほうが良いでしょう。

  世に数億人いるとも言われるチェス・プレーヤーの大多数はグランドマスターにはなれません。チェス・プレーヤーの大多数はオープニング理論の進歩、ミドルゲームでの新概念設定など「盤上の真理」の解明に貢献しません。チェス・プレーヤーの大多数はチェスで金を稼ぐこともありません。私もこの大多数の1人です。

  それでも、チェス・プレーヤーたちはチェス・プレーヤーであり続けてきました。彼らは(私は)何のためにチェスをしてきたのでしょうか?

  それはおそらく、単純にチェスというゲームを楽しむためです。

 

  いくら人工知能が強くなっても、「大多数」がチェスに向かう理由は変わらないはずです。上のほうで少々人間のトップ選手と人工知能の力関係が変わっただけです。

  これまでもこれからも、チェス・プレーヤーたちはチェスを楽しむためにチェスをするだけです!

*1:CCRLSSDFIPON

*2:ディープ・フリッツ10など

*3:CPUはCore i3です。

*4:Over the Boardの略。物理的な盤駒を使って現実世界で行うチェスのこと。

*5:チェス・ドットコムのブリッツ総合ランキングでは私より上に十数万人います。

*6:国際チェス連盟

*7:全米チェス連盟