読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際親善チェス大会 in 新潟 2016 に参戦してきた(その3)

  新潟参戦記その3です。

 

  Round.3

  内容はともかく二連勝で2番ボードまで上がってきました。このラウンドの相手は若い男性。私は黒を持ちました。



  おそらくこの試合が大会通じて一番内容の良いゲームでした。検討もじっくり行ったので周辺に足を向ける余裕もなく次のラウンドへ。

 


  Round.4

  ついに1番ボード。やったぜ。相手は中学生?ぐらいの男の子でした。白なので勝つ気満々だったのですが、苦しい状況に追い込まれます……。


  明らかに敗勢のポジションを生き延び、4連勝できました。

 

 

6.おうちへ帰ろう!

  閉会式で表彰状と副賞(チェスセット)を頂いて帰路に着きました。主催者側で移動用のタクシーを呼んでくださっていたのは嬉しい配慮でした。
  バスの時間の都合で後夜祭には参加できず、新潟駅前で一人寂しくコンビニ飯を食ってから高速バスに乗りこみ、新潟を後に。疲れて爆睡している間に大阪着。

  

  サービスエリアにて日本海を眺めたことぐらいで新潟っぽさを感じない旅になってしまったなあ……。

 

 

7.反省会をしよう!

  まずチェス自体について。白を持った2ラウンド、4ラウンドはほぼ負けを覚悟した局面から相手のミスを突いての勝ち、ということで内容は悪かったのですが、4連勝できたということで考えられる最高の結果が得られてよかったということにしておきましょう!

  また、上のレベルのプレーヤーとの差を認識しモチベーションが上向きました。ひとまずBクラスで0.5でもポイントを持って帰れるぐらいの力を付けたいですね。

  

  イベント参加者としての反省点は、コミュ障ゆえ検討以外の場でほかの参加者の方と交流が持てなかったことですね……。折角色んな場所から参加者が集っていたのだからもう少し積極的になるべきだったなあ。

  あとカメラ。デジカメのバッテリーを詰め忘れて出発するという痛恨のブランダーにより天寿園の美しい庭園も羽生さんも会場全体の様子も何も撮れなかった!次チェスイベントに参加するときは忘れないようにしないと。

 

 

ということで新潟参戦記はこれで終わりです。

何やら無駄に長く取り止めのない文章にお付き合い頂いてありがとうございました……。