将棋の賞金 高いか安いか?

  先ごろ、2017年の将棋プロ棋士獲得賞金・対局料ランキングが公開されました。

www.shogi.or.jp

   賞金と対局料を合計したプロ棋士の「賞金ランキング」は近年毎年公表されており、Wikipediaの「将棋界」記事では1993年以降のランキング上位棋士の名前、獲得金額をチェックできます。

  七冠、六冠を保持していた頃の羽生さんが獲得賞金1億6,597万円を記録しています。7,534万円だった渡辺棋王が1位となった2017年を除き、ここ5年ほどの「賞金ランク1位」の獲得金額はおおよそ1億円前後を推移してきたようです。

 

  この「賞金ランキング」発表について、このようなツイートがありました。

   ということで、プロスポーツやゲームの賞金・年俸と将棋界の賞金を比較していきたいと思います。

 

1.身体スポーツ

  将棋のプロ組織は日本国内のみで活動しているので、国内スポーツと比較します。

 

1-1.プロ野球NPB

  国内でのスポーツ興行の代表格、プロ野球日本プロ野球選手会は日本人選手の平均年俸を調査し、公表しています。

  2017年度年俸調査結果を発表しました。

2017年度の日本人選手の平均年俸は3,862万円、球団別で見るとソフトバンクの選手平均年俸は7,013万円だったそうです。

  別ページの表によれば、調査対象になった選手全734人のうち、年俸1億円を超えるプレーヤーは72人(全体の9.8%)、年俸1千万円を超えるプレーヤーは460人(全体の62.6%)です。また、2017年の将棋の賞金ランキング10位のプレーヤーである佐藤康光九段は1,967万円を獲得していますが、プロ野球で2,000万円以上の年俸を得ている選手は272人(全体の37%)でした。

  ベースボール・キングが公開している2017年度の日本人選手推定年俸ランキング*1も見ていきましょう。

baseballking.jp  2017年に将棋の賞金ランク1位となった渡辺棋王の獲得賞金は7,534万円ですから、99位・福山投手(楽天)の上、97位タイに並んだ鶴岡捕手(ソフトバンク)、銀次選手(楽天)の下ですね。

 

1-2.プロゴルフ国内ツアー

  野球は団体スポーツであり、プロ野球選手は所属チームから報酬を受け取っています。将棋と同様に個人スポーツであり、選手が賞金を稼いで主な収入源としているプロスポーツ、ということでゴルフも見ていくことにします。

  ゴルフ・ダイジェスト誌による、2017年国内ツアー賞金ランキングがこちらです。

news.golfdigest.co.jp第1位は宮里優作選手で1億8,000万円オーバー。6位の今平周吾選手までが1億円を超えています。10位は宋永漢選手で、獲得賞金はおよそ6,926万円となっています。昨年の渡辺棋王(7,534万円)は9位H.W.リュー選手と10位宋永漢選手の間に入りますね。

  トップ10圏外を見ていくと、38位までが3000万円オーバー、52位までが2000万円オーバーとなっています。将棋の賞金ランク10位、佐藤康光九段(1,967万円)は52位M・グリフィン選手と53位上井邦裕選手の間になります。

 

2.マインドスポーツ

  将棋はマインドスポーツなので、同じマインドスポーツの世界と比べてみたいと思います。

 

2-1.囲碁

  日本の囲碁界については、賞金ランキング上位10人が公開されています。日本の囲碁界は新聞社が主催する七大タイトル戦が中心となっており、制度もプロ将棋界に近いですね。

www.asahi.com  1位は井山裕太七冠の1億5,981万円。2位の一力遼八段はぐっと下がって約2,523万円となっています。やはり、タイトルを独占していると突出具合が変わってきますね。ということで、2017年の渡辺棋王は井山七冠と一力八段の間に入ります。4位の藤沢女流名人(約2,404万円)、7位の謝依旻女流本因坊(約2,047万円)と女性棋士がランクインしているのも目を引きます。

  10位は六浦七段の約1,699万円。将棋界10位の佐藤康光九段(1,967万円)は謝依旻女流本因坊(約2,047万円)と芝野虎丸七段(1890万円)の間ですね。

 

2-2.チェス

  数億の競技人口を擁するとも言われるグローバルなマインドスポーツ、チェス。その賞金はどんなものでしょうか?

  残念ながら、チェスには統一されたプロ団体というものがなく、まとまった賞金ランキングを作ることは非常に困難です。国際チェス連盟(FIDE)はプレーヤーID保持者数十万人の競技成績を取りまとめ、登録プレーヤー全てのレーティングを算出していますが、賞金についてはノータッチです。賞金や出場料を公表していない大会もあります。

 

  ですが、2012年と2013年にPeter Zhdanov氏*2が「推定」の賞金ランキングを作成し発表しているのでそちらを基に比較してみましょう。2013年版を用います。

en.chessbase.com

   第1位はノルウェーGM Magnus Carlsenで220万米ドル相当。2位はインドのGM Viswanathan Anandで150万米ドル相当です。2013年は世界選手権タイトルマッチが開催されており*3このタイトルマッチに出場した両者はタイトルマッチだけで多額の賞金を得ています。Carlsenはタイトルマッチだけで165万米ドル、Anandは110万米ドルと賞金総額の半分以上をタイトルマッチの賞金が占めています。

  3位のGM Fabiano Caruana(64万米ドル相当)からはタイトルマッチが絡みません。10位のGM Peter Svidlerが約37万5,000米ドル相当、参考に添えられた最強の女性プレーヤーGM Hou Yifanの獲得賞金は26万5,000米ドル相当となっています。

 

  比較対象となる将棋の賞金ランキングも2013年のものを使います。1位は渡辺二冠(当時)の1億255万円。2013年12月31日の為替レート1米ドル=105.203円に従って米ドル換算すると97万4,782米ドルとなります。3位の森内竜王・名人(当時)が5,503万円で52万3,083米ドル。チェスの「推定」賞金ランキングで第10位のプレーヤーを上回っているのはここまでです。2013年の将棋賞金ランク10位は三浦九段の1,633万円(15万5,223米ドル)となっています。

  

  参考までに、2015年に発足したチェスのツアー、Grand Chess Tourの2017年シーズン獲得賞金を紹介しておきます。

  ツアー優勝のGM Magnus Carlsenは24万5,417米ドル(2,670万円相当)を獲得しています。Carlsenはもちろんのこと、ツアーにレギュラー参戦したGMたちは他の大会にも出場して賞金や出場料を得ています。

 

2-3.マジック・ザ・ギャザリングMtG、カードゲーム)

  MtGは賞金が出るプロ大会を開いていることで知られます。プロ・クラブの中でも上位のプレーヤーは「Platinum」とされ、旅費の他に大会出場料を受け取ることもできるそうです。*4

  ウィザーズ社の運営するMtGのウェブサイトでは、プロツアーを通じて各生涯通算獲得賞金ランキングを公開しています。

TOP 200 ALL-TIME MONEY LEADERS | MAGIC: THE GATHERING

  1位のPaulo Vitor Damo da Rosa氏が45万8,535米ドル、2位のJon Finkel氏が43万1,884米ドルなどとなっています。生涯通算でも渡辺棋王の年間獲得賞金額(7,534万円、69万2,374米ドル相当)に及びません。

  ランキングには記録が不完全な部分については合算していない旨の但し書きがついてはいますが、倍額にしても100万米ドルには届きません。

 

2-4.ポーカー

  ポーカー大会の賞金は、スポンサー・主催者が賞金を拠出する形式ではなく、参加者の支払ったエントリー・フィーを賞金の原資(Prize Pool)とし、上位プレーヤーが多くの取り分を得るという形式で成り立っていることが多く、上に挙げた囲碁やチェス、MtGとは毛色が異なります。

  「Poker Hendon Mob」に記録されている大会データから生成された2017年の獲得賞金ランキングがこちらです。

pokerdb.thehendonmob.com  1位のBryn Kenney氏は850万5,898米ドル!!日本円換算で9億円オーバー。圧倒的ですねえ。延々と100万ドル超のプレーヤーが続き、100万ドルを割り込むのは126位です。

 

3.eスポーツ

  最後に当世流行りのeスポーツです。eスポーツの賞金についてはe-Sports Earningsというウェブサイトがよくまとまっているので、そちらの2017年の単年賞金ランキングを利用させてもらいます。

www.esportsearnings.com   1位はドイツのKuroKyさんで、246万6,667米ドル。以下、5位まで似たような金額が続きますが、この5人は「Dota2」というゲームの世界大会「The International 2017」の優勝チーム「Team Liquid」のメンバーです。他の大会にもこのメンバーで参加し、上位に入っています。

  以下、Dota2のプレーヤーが続き、37位のCrownさんが初めて登場する別タイトルのプレーヤーとなります。Crownさんから43位Haruさんまでが「League of Ledgends」(LoL)の世界選手権で優勝したチーム「Samsung Galaxy」のメンバーです。メンバー1人あたりの稼ぎは概ね32万ドルといったところですね。

 

  将棋の2017年賞金ランク1位、渡辺棋王(7,534万円=69万3,881米ドル)と2位の佐藤天彦名人(7,255万円=66万8185米ドル)はDota2 The International 2017第2位のチーム「Newbee」のメンバーと、第3位のチーム「LGD.Forever Young」のメンバーの間に入ります。3位の羽生竜王(5,070万円=46万6,947米ドル)はLoL世界選手権の優勝チームメンバーの獲得額を上回っています。

  賞金ランク10位の佐藤康光九段(1,967万円=18万1,160米ドル)は95位のQuakeプレーヤーClawzさんと96位のDota2プレーヤーRyoさんの間に入ります。

 

まとめ

  さて、身体スポーツ、マインドスポーツ、eスポーツの年俸や賞金と比べて将棋の賞金は高いでしょうか、安いでしょうか?

  指導に対する報酬やスポンサーから得る報酬といったプラスもありますので、「賞金」の額イコール「収入」となるわけではありませんが、個人的な印象を述べるなら「将棋は他のスポーツと比べても、そこそこ“稼げるスポーツ”だった」という感じです。

 

  確かに、身体スポーツの大型興行には及びませんし、「参加費山分け」のポーカーとは動く金額が異なります。しかし(日本の)囲碁の上位と将棋の上位には井山七冠の突出を除けばそう大きな差はありませんし、MtGに対しては圧倒的に優勢です。

  話題のeスポーツに対してもひけをとっていません。Dota2はその高額賞金から「eスポーツで一攫千金」というイメージの形成に貢献していますが、将棋でトップを取ればそのDota2のトッププレーヤーの獲得賞金に匹敵する金額を稼ぎ出すことができます。

 

  少なくとも、プレーに対する金銭的な報酬に関していえば将棋は現状でも十分に「夢のある世界」だと思います。

*1:2016年12月公開。2016年シーズン末の契約更改情報によるものとみられる

*2:妻はチェスのGM Natalia Pogonia

*3:チェスの世界選手権タイトルマッチは毎年実施されるものではなく、現在は概ね2年に一度ペースです

*4:ウィザーズ社のウェブサイトより:
PRO TOUR PLAYERS CLUB GUIDELINES AND PROCEDURES

Fischer Random 2018開催!

 変則ルール「フィッシャー・ランダム」を適用した棋戦が開催されます。
f:id:dame_chess:20180206165924p:plain
公式サイト
Home - Fischer Random 2018
公式サイトにて、中継映像が配信される予定です。

概要

大会名 Fischer Random 2018 Magnus Carlsen - Hikaru Nakamura
開催地 ノルウェー・Høvikodden
賞金 総額150万ノルウェー・クローネ、勝者90万ノルウェー・クローネ
方式 CarlsenとNakamuraによる1対1のマッチ。ラピッド8ゲーム、ブリッツ8ゲームを行い、決着がつかない場合アルマゲドンを行う

参加者リスト

名前 所属連盟 FIDEレート 備考
Magnus Carlsen ノルウェー 2843 世界ランク1位、現世界王者
Hikaru Nakamura アメリカ 2781  

注目ポイント

1.フィッシャー・ランダム(チェス960)というルール

  フィッシャー・ランダムとは、元チェス世界王者Bobby Fischerが考案したチェスの変則ルールです。
通常、チェスの駒の初期配置はこうですよね。
f:id:dame_chess:20180131151828p:plain
ところが、フィッシャー・ランダムではポーンを除く一段目の駒の配置をランダムに入れ替えます。
f:id:dame_chess:20180206151907p:plain
こんな配置もあります。
f:id:dame_chess:20180206151931p:plain
960通りの配置があるため、「チェス960」とも呼ばれます。

  なぜこんなことをするのか、というと標準的なチェスで比重を増している事前研究をなくす(少なくとも、その比重を軽くする)ためです。
  現在の駒の動きと初期配置が確定してから数百年。チェスプレーヤーたちは営々と序盤定跡を研究し続けてきました。世界の頂点を争うグランドマスターたちはチームを組織し、高度な研究を行っています。近年では世界チャンピオンより強いコンピュータ、数百万局を収録したデータベースなど、電子的な手段を利用した強力な研究も行われています。結果的に、事前研究の重要性は増すばかり。トップレベルでは事前に準備してきた引き分けになるラインを再現して終局するようなゲームも増えてきています。トップ選手たちは膨大な序盤研究によって疲弊しますし、見ている側も研究手順を並べなおす様子を眺めているだけでは楽しめません。
  この状況を打破すべく、一旦初期配置をリセットし、初手から盤の前で指し手を考えさせるのがこのルールのねらいです。

2.フィッシャー・ランダムは興隆するのか

  フィッシャー・ランダムは一時大きく注目され、2007年から2009年にかけてはチェス界のトップ選手が参加して、フィッシャー・ランダムの「世界選手権」を称する大会も開かれました。しかし、近年はトップ選手が参加するOTBのフィッシャー・ランダム大会が開かれることはなくなりました。
  今回、Magnus CarlsenとHikaru Nakamuraという世界トップクラスのプレーヤーが大々的にフィッシャー・ランダムの対局を行うことで、フィッシャー・ランダムは勢いを取り戻し、レベルの高いOTB大会が開かれるようになるかもしれません。

3.栄冠はどちらの手に?

  単純にレーティングだけで見ると、FIDEのスタンダード、ラピッド、ブリッツ全てで上回るCarlsenが優位に思えます。また、Carlsenは力戦形も好んで指します。先日のTata Steelで指されたSvidler戦などを見ても、「定跡無用の力勝負」はCarlsenにとって歓迎すべきフィールドと言えそうです。
  一方のNakamura。Chess.com主催の早指しオンライン棋戦でCarlsenと対戦し、総合成績では負け越したのですが、その中のフィッシャー・ランダムで行われたゲームではCarlsenに勝ち越しています。また、前述のフィッシャー・ランダム「世界選手権」の2009年大会で優勝したはNakamuraです。Carlsenよりレーティングが低いとはいえ、Nakamuraもラピッド、ブリッツでは世界3位のプレーヤー。過去のフィッシャー・ランダムでの成績も考慮すれば、Nakamuraにも十分勝機はあるでしょう。

4.「非公式」世界選手権

  今大会はフィッシャー・ランダム方式の非公式な世界選手権タイトルマッチとして開催されます。

5.コメンテーター

  セントルイスでの大会やChessbrahの配信でお馴染みのGM Yasser Seirawan、そしてChess24を軸に活動するIM Anna Rudolfのコンビが解説を行います。

【チェス警察】Fate/Extra Last Encore 第1話のチェス描写

  キャラクターの「頭の良さ」をお洒落に演出する小道具として、アニメ、漫画の中でチェスが用いられる例は少なくありません。2018年1月に放送開始となったアニメ「Fate/Extra Last Encore」でもチェスが使われていたので、プレーヤー目線でチェックしていきたいと思います。

1.盤の置き方

  チェス警察が真っ先に注目するのは、盤の置き方です。チェス盤は市松模様になっていますね。

f:id:dame_chess:20180131151828p:plain

 実は、正式なゲームでは白のプレーヤーから見て左下の隅が黒いマス(色の濃いほうのマス)になるようにチェス盤を置くことが決められています。

 チェス盤が登場するイラストなどを見ていると、この盤の置き方が逆になってしまっているものも多くみられます。この辺りはプレーヤーでないと気が付きにくい部分かもしれません。

 Fate/Extra Last Encoreの第1話はどうだったのかというと……

f:id:dame_chess:20180131191448p:plain

f:id:dame_chess:20180131191516p:plain

残念ながら、盤の置き方が間違っています……。

細かい部分ですが、次の機会があれば正しい置き方を採用してもらえると嬉しいですね。

 

2.ゲーム内容

 チェスが登場したのは「チェス部部長と『レオナルド』と呼ばれるキャラクターが観客の前でチェスの対局を行う」という場面でした。

 

黒を持つレオナルドがRf3と指したところから。

f:id:dame_chess:20180131191948p:plain

前後の情報も合わせて盤面を再現するとこんな具合です。

f:id:dame_chess:20180131154621p:plain

黒勝勢ですね!白を持つ部長は、Qxf3としました。

f:id:dame_chess:20180131192015p:plain

次にg4のポーンでクイーンを取られてしまいますが、Bxg3#のチェックメイトを回避するためには仕方のない犠牲です。

f:id:dame_chess:20180131155321p:plain

gxf3以下文句なく黒勝ち……のはずだったのですが……。

f:id:dame_chess:20180131163629p:plain

 Bxg3+?? なぜクイーンを取らないんだ……。演出の都合で手を飛ばしたのかもしれない、とも考えましたが、レオナルドがBxg3+を着手するカットでの周囲の駒の配置を見る限り、唯一最善の手であるgxf3は指されていないんですよね。

f:id:dame_chess:20180131192110p:plain

部長はQxg3とビショップを取ります。黒はポーン一つを取りましたが、ルークとビショップを取られて大損です。詰み筋も消えてしまいました。

f:id:dame_chess:20180131192216p:plain

この後黒のレオナルドが駒を取り、チェックメイトを宣言します。

f:id:dame_chess:20180131192253p:plain*1

このカットから見るに、レオナルドの最後の手はQxg3+です。

盤面を再現するとこうなります。

f:id:dame_chess:20180131165620p:plain

チェックメイトではないですね……。白のKxg3でゲーム続行です。形勢は白優勢です。

 

3.大盤の向き

 間違いとまでは言えない点なのですが、会場に設置されていた大盤の向きも少し気になりました。

f:id:dame_chess:20180131192730p:plain

さきほど局面再現に使った盤を劇中の大盤と同じ向きにセットすると、こうなります。

f:id:dame_chess:20180131193144p:plain

 

通常、解説用の壁掛け盤や大盤は白を下向きにして置かれます。

 

部長とレオナルドの着座している向きに合わせ、演出として敢えてこの向きにしているのかもしれません。

 

4.まとめ

 細かい点ですが、盤の置き方の間違いは少し気を付ければ回避できるので、Fate/Extra Last Encoreのような規模の大きい商業作品であれば頑張って避けてほしかったところです。

 ゲーム内容については、今回のような使用法なら過去の名局の棋譜をそのまま利用する形でよかったように思います。演出、脚本の都合で駒に特別な動きをさせる必要がある*2場合は求める展開に沿った棋譜を選んだり、棋譜を創作したりする必要も出てきます。しかし、キャラクターがカッコよく勝つシーンが欲しいだけであれば有名なゲームを適当に選んで再現するだけで問題ありません。

  実際、アニメ「GJ部」ではチェスプレーヤーとしても知られる将棋の羽生竜王のゲームをそのまま再現しています。

f:id:dame_chess:20180131174346p:plain

ニコニコ動画で配信されているGJ部1話からキャプチャした当該局面図



  ……とここまで色々書いてきましたが、少々粗があっても作品自体が面白ければいいんです!チェス勢としては、チェスをカッコ良く使ってくれればそれだけで嬉しいものなんです!

要するに……

 コードギアスはいいぞ。

 

*1:白のキングが黒くなっているのは単なる作画ミスだと思われる

*2:クイーンを犠牲にする、キングが前進するなど

Youtubeの無料チェス動画 解説、学習編

  ストリーマー増加の潮流とは別に、棋譜解説や定跡指南を行うチェス教育動画群も存在します。

 

  私の知っている主要チャンネル、投稿者を紹介していきます。

 

Saint Louis Chess Club

www.youtube.com

  無料チェス教育動画界の巨人です。量、質ともに他を圧倒します。このチャンネルにはセントルイス・チェスクラブで行われたマスター達の講義が丸ごとアップロードされているのです。

f:id:dame_chess:20180126170150p:plain

レベルや講師別に再生リストを作ってくれているのもありがたいところです。

 

www.youtube.comこれは重要手筋「Greek Gift」を紹介する初心者向けの動画。

 

www.youtube.com元全米王者、GM Seirawanによる定跡講座。

 

Dereque Kelley

www.youtube.com

  投稿者はUCFのNMタイトルを持つDereque Kelleyさん。チェスのオープニングを指南するアプリの体験版的な位置づけで、最長でも20分強と短い再生時間のオープニング紹介動画をアップロードしています。有名オープニングの「イロハのイ」程度を把握しておくには丁度いい手軽な動画群ではないでしょうか。

  

www.youtube.com王道を往くルイ・ロペス。

 

www.youtube.comみんな大好きドラゴン。

 

ChessNetwork

www.youtube.com  「I'm a self-taught National Master in chess out of Pennsylvania」と名乗っている方のチャンネルです。最新棋戦の解説から初心者向け講座まで、幅広く投稿しています。

www.youtube.comトラップ講座。他に「ノアの箱舟」トラップなど1.e4勢にとって把握しておいて損のないトラップが扱われています。

 

www.youtube.com350万再生を記録したGates - Carlsenの解説動画。

 

agadmator's Chess Channel

www.youtube.com  クロアチアGM Antonio Radicのチャンネル。主に棋譜解説を行っており、過去の名局から最新棋戦まで扱っています。

www.youtube.comDeepmind社謹製のソフト、AlphaZeroの棋譜解説。

 

www.youtube.com世界ラピッドの棋譜解説。大会期間中、GM Radicは対局が進行している中で終わったラウンドの棋譜を解説して投稿するという早業を披露しており、驚かされました。

 

Daniel King

www.youtube.com

  イギリスのGM Daniel Kingは「Power Play Chess」というチャンネルを解説し、棋譜解説を行っています。

www.youtube.com

  この他にも様々な動画がアップロードされています。オープニングの名前や有名GMの名前を検索窓に放り込めば、何か出てくるというような状況です。例えば「London System」で検索すればご覧の通りです。

f:id:dame_chess:20180126194116p:plain

  オープニングに関しては、オンラインのラピッド、ブリッツで使ってみたい、簡単な対策が知りたいという程度ならどこかに転がっている無料動画で軽く学習できるように思います。

 

  個人的な感想として

・プランの立て方など一般的に応用の効く中盤の思考方法

・エンドゲーム

この辺りは投稿されている動画の本数が相対的に少ないこともあり、無料動画でのお手軽学習よりは別の手法、媒体を利用したほうが良いと感じています。結局、手を動かして覚える部分も多いですし、セントルイス・チェスクラブの講座を除けば同じテーマで体系的にまとまっているものも少ないですからね……。

 

  無料動画という巨大学習コンテンツ群がすぐ近くにあるのは確かなことです。うまく付き合っていけるといいですね。

ネットの無料チェス動画 ストリーマー、プレイ実況編

 

  最近、TwitchやYoutube Liveなどを利用したゲームのプレイ動画のアップロード、実況をつけてのゲームプレイの生配信が盛んになっています。「チェス」というゲームも例外ではありません!

  私の知る主な配信者、チャンネルを紹介していきます。

GMHikaru

  世界トップ10の実力者、早指しで無類の強さを誇るHikaru Nakamuraも配信者の1人です。対戦サイトで世界のマスター達と対戦し、その大半に大きく勝ち越す様子には感嘆せざるを得ません。

www.youtube.comインドの俊英、Nihal Sarinとのブリッツ。喋りながらこれだけ強いゲームができるんですねえ……。

 

www.youtube.comこれはChess.comの企画「Nakamura's Knokouts」で対局を行った時のものです。2000未満のプレーヤーからも自由に挑戦を受け付け、ブリッツで対局を行います。

 

Chessbrah

  チェスのストリーマーを語るにあたって、彼らの存在を欠かすことはできないでしょう!ChessbrahはカナダのGM Eric Hansenを中心とする配信者グループで、公式サイトも持っています。

www.youtube.com持ち時間ほぼ10秒でどこまで頑張れるか?というとんでもない企画。指し手の先行入力機能を駆使して戦います。

 

www.youtube.com定番の目隠しチェスですね。

 

www.youtube.com世界チャンピオン、Magnus Carlsenとの対局。Carsen、早指しでも滅茶苦茶な強さなんですよね……。

 

penguingm1

  Lichessを中心に活動するストリーマーの代表格が「penguingm1」ことGM Andrew Tang。Lichessの「Bullet」*1部門で史上最高レーティングを更新しています。

www.youtube.com最高レート更新の瞬間を記録した動画。

 

www.youtube.comLichess Titled Arenaというオンライン大会に参加した際の動画です。

 

GingerGM

  「中の人」は英国のGM Simon Williams。ポーンにそれぞれHarry(hポーン)、George(gポーン)などと名前を付ける、ユーモアある語り口が特徴です。

www.youtube.comChess.comの定例オンライン大会「Titled Tuesday」に参加した際の動画です。

 

www.youtube.com自身のレッスンビデオの売り込みも欠かしません!

Chess24

  ニュース記事、大会の棋譜中継、対局場、ビデオレッスンなど一通りの機能を揃えた総合チェスサイト「Chess24」ですが、マスター達のブリッツ対局の配信も行っています。

www.youtube.comChess24の有料会員になると、このようなGMとの対戦企画に参加できます。有料会員に誘導する材料として配信を利用しているといってもいいでしょう。

 

www.youtube.comマスター達が交代で72時間連続ブリッツをする「Banterthon」企画の動画です。

 

  大手のチェス対戦サイト、Chess.comとLichessは最近ストリーマー一覧ページを設置し、プレイ動画配信を奨励しています。

f:id:dame_chess:20180124224346p:plain*2

 

  この流れがいつまで続くのかはわかりませんが、しばらくはチェスの世界にもストリーマーが増えていきそうです。

*1:1分チェス

*2:これはLichessの「Streamers」ページのキャプチャ

Tradewise Gibraltar Chess 2018開幕!

  22日、Tradewise Gibraltar Chessが開幕します。
www.youtube.com

公式サイト
www.gibchess.com


概要

大会名 Tradewise Gibraltar Chess
開催地 英領ジブラルタル
賞金 優勝賞金25,000英ポンド(詳細は公式サイト
方式 スイス式10ラウンド・オープン制

主な参加者

名前 所属連盟 FIDEレート 備考
Levon Aronian アルメニア 2797 アルメニア国内ランク1位、2017FIDE World Cup優勝
Maxime Vachier-Lagrave フランス 2793 フランス国内ランク1位
Hikaru Nakamura アメリカ 2781 前年度Gibraltar Chess Masters優勝
David Navara チェコ 2749 チェコ国内ランク1位
Pentala Harikrishna インド 2745  
Le Quang-Liem ベトナム 2737 ベトナム国内ランク1位
Nikita Vitiugov ロシア 2732  
Vassily Ivanchuk ウクライナ 2726 ウクライナ国内ランク1位
Michael Adams イングランド 2709 イングランド国内ランク1位
Richiard Rapport ハンガリー 2700 ハンガリー国内ランク1位
Boris Gelfand イスラエル 2697 イスラエル国内ランク1位
Ju Wenjun 中国 2572 女子世界ランク2位
Andrey Esipenko ロシア 2571 16歳以下世界ランク2位
Nihal Sarin インド 2524 14歳以下世界ランク1位

公式サイトの他、各種棋譜中継サイトでリアルタイムの棋譜配信が実施されます。
今年の映像中継はTwitchのみのようです。
www.twitch.tv


注目ポイント

1.最高レベルのオープン大会

  GibraltarはFIDEレート2700超えのGM12人が集います。出場資格を問わず、自由にエントリーできるオープン大会としてはChess.com Isle of Manなどと並んで世界最高レベルの大会です。

2.数多く、幅広い参加者層

  Gibraltarの最上位クラス、「Masters」には246人がエントリーしています。参加者レーティングに下限が設定されていないため、FIDEレーティング1500台のプレーヤー*1から2800近い世界最高レベルのプレーヤーが同じ舞台で戦うことになります。*2

3.女子の世界上位ランカーが集結

  女子世界ランク1位のHou YifanはTata Steelとの日程重複のため不参加ですが、今大会には女子世界ランクトップ10のうち7人が集まります。Gibraltarでは女性プレーヤーのみを対象として賞金が提供されており、女子選手の最高成績者は15,000英ポンドを勝ち取ります。女子世界ランク2位のJu Wenjun、ウクライナのMuzychuk姉妹ら、女性トッププレーヤーの戦いにも注目していきたいところです。

4.神童たち

  大規模なオープン大会というと、やはりジュニア選手の活躍が楽しみですよね!今大会にはロシアの15歳Andrey Esipenko、インドの13歳Nihal Sarin、同じくインドの12歳、Rameshbabu Praggnanandhaaがエントリーしています。
  FM Esipenkoは昨年末の世界ラピッド/ブリッツで大健闘して上げましたね。特に対Karjakin戦で見せたこの一手は評判になりました。


  IM Nihalは最近ツイッターアカウントを開設、情報発信にも熱心です。ミュンヘン空港での待ち時間にもブリッツを行い、準備(?)に余念がありません。
  IM Praggnanandhaaは史上最年少GMを目指す戦いを続けています。
  彼らはこの大会を通じ、GMタイトル獲得に必要な「GMノーム」を獲得できるでしょうか?

5.老人の挑戦

  65歳のGM James Tarjanがエントリーしています。


Tarjanは1970年代にアメリカを代表するプレーヤーでしたが、引退して司書となり、30年以上公式戦に出場していませんでした。数年前に復帰し、昨年のChess.com Isle of Manでは元世界王者Kramnikを破るなど大活躍して話題になっています。今大会でも元気に暴れてほしいものです。

6.Battle of Sexes

  毎年恒例になりつつある大会期間中のお遊びイベント。出場者が「男性チーム」と「女性チーム」に分かれ、カジュアルな雰囲気で対局が行われます。昨年の「Battle of Sexes」はこんな様子でした。
www.youtube.com

7.プレーオフ

 最終日の対局を終えて同点で1位に並ぶプレーヤーが出た場合、BuchholzやSonneborn–Bergerなど大会成績によるタイブレークを用いず、早指しによるプレーオフで優勝者を決定します。優勝を賭けたブリッツ、というシビれる対局が見られるかもしれません。

*1:将棋で言うとアマ初段?

*2:加速スイス式を採用しているらしく、流石に1500VS2800のカードは組まれていません。

非実在ギャンビット

  「ギャンビット」とはチェスの序盤定跡の種別です。序盤の段階で自分の駒を捨てる代償に何らかの別の優位性の獲得を狙う定跡が「ギャンビット」に分類されます。

  キングス・ギャンビット、ダニッシュ・ギャンビット、ハロウィーン・ギャンビットなど様々な「ギャンビット」がありますが、「ギャンビット」の中には実際にチェス盤上で指されていない「ギャンビット」もあります。

 

1.ローガン=アスキス・ギャンビット

  ローガン=アスキス・ギャンビットはハリイ・ケメルマン著「九マイルは遠すぎる」に収録された短編小説「エンド・プレイ」に登場する架空の序盤定跡です。

  「九マイルは遠すぎる」は、いわゆる「安楽椅子探偵もの」の古典として知られます。探偵役のニッキィ・ウェルト教授が関係者からの聞き取りや現場の写真をもとに鮮やかに事件を解決していくのです。

  「エンド・プレイ」では、殺人事件の現場写真に写っていたチェス盤にローガン=アスキス・ギャンビットの局面が並べられており、チェスの盤駒が真相解明の手掛かりの一つとなります。

  ニッキィ教授の聞き手を担う語り手の「わたし」によると、ローガン=アスキス・ギャンビットはこんな定跡だそうです。

さし始めの手としては非常に危険率が高いんで、実戦にはほとんど使われない。しかし、僧正の位置が有利に進むところなど、ちょっと面白い手だ。

 2.フォン・グーム・ギャンビット

  フォン・グーム・ギャンビットはヴィクター・コントスキーの短編小説「必殺の新戦法」*1に登場する架空の序盤定跡です。若島正が編纂したチェス小説短編集「モーフィー時計の午前零時」に収録されています。

  長らく冴えないプレーヤーであったフォン・グームは、「必殺の新戦法」であるフォン・グーム・ギャンビットを引っ提げ、連勝街道を突き進みます。並みいるマスターをなぎ倒す「フォン・グーム・ギャンビット」に脅威を感じたチェスの強豪プレーヤーたちは、フォン・グーム・ギャンビットに対してある対策を講じることとなります。

  フォン・グーム・ギャンビットが脅威となる理由や対策の内容を明かすと重大なネタバレになってしまうのでこの場では明かせませんが、「必殺の新戦法」は荒唐無稽なチェスほら話として楽しく読める一遍となっています。

 

3.バールストン・ギャンビット

  バールストン・ギャンビットは物語に登場する架空定跡ではなく、推理小説で用いられる作劇上の技術を表す用語です。小説内のキャラクターが身元不明の遺体*2を作り出し、特定のキャラクターの死を偽装する行為のことを「バールストン・ギャンビット」と呼びます。

  「ギャンビット」に含まれる「駒を犠牲にする」という意を織り込んでいるという点で洒落ていますね。

 

4.シシリアン・ギャンビット

  「シシリアン・ディフェンス」は有名定跡の一つですが、シシリアン・ギャンビットは医療用語です。なんでも、抗不整脈薬の分類法に「シシリアン・ギャンビット」と呼ばれるものがあるそうです。

  

photo-pharmacy.com  門外漢には何が何やら……。

  名前の由来についてはこちらのウェブサイトに情報がありました。

シシリアン・ガンビット 新しい不整脈薬物治療剤のあり方

  元になったと思われる英文も見つかりました。  

www.ncbi.nlm.nih.gov  概要の一部を引用します。

The Queen's Gambit is an opening move in chess that provides a variety of aggressive options to the player electing it. This report represents a similar gambit (the Sicilian Gambit) on the part of a group of basic and clinical investigators who met in Taormina, Sicily to consider the classification of antiarrhythmic drugs.

  シチリア島で開かれた会議+クイーンズ・ギャンビットでシシリアン・ギャンビットになったようです。この名称を選んだ人々もチェス好きだったのでしょう。

 

 

  創作に架空のチェス定跡を登場させたり、新しい用語を作る時にチェス定跡用語を滑り込ませたりして、新たな非実在定跡を生み出していくのも面白いかもしれませんね。

*1:原題はVon Goom's Gambit

*2:首なし遺体、焼死体といったあたりが定番でしょうか